Profile
みかん酵母のぬか床一年生でぬか漬け生活

ぬか漬けを利用して食生活を改善する方法。

2019/05/30 06:30

「野菜は調理が面倒だから、そもそもあまり買わない」

「洋食に偏りがち。和食が身体にいいとは聞くけど、何から変えたら良いか分からない。」


そんな人は、とりあえず「ぬか床一年生」を始めてみると、食生活を改善するきっかけになるかもしれません。


ここで、「ただでさえ、料理が面倒なのにぬか漬けなんて無理!」と思った人もいると思います。

でも、「ぬか床一年生」は、通常のぬか床と違い、難しい管理や手間が必要ありません。


ただ野菜を漬けておくだけで、野菜料理が一品出来上がります。

サラダや野菜炒めを作るより簡単かもしれません。


冷蔵庫に余っている野菜も、「何に使おうかな?」などと考えずに、ぬか床に漬けていけばオッケー。

だから、忙しい人にこそ、おすすめです。




ぬか漬けをはじめとする発酵食品が「体に良い」ということを、皆さんもよく耳にすると思います。


しかし、当然ですが「ぬか漬けさえ食べていれば、それで健康になれる」というわけではありません。

たとえ、ぬか漬けやヨーグルトなどの発酵食品を毎日食べていても、その他の食事がファーストフードだったり、栄養に偏りがあったら、健康にはなれません。


また、ぬか漬けは身体に良いからと、過剰に食べたら、塩分の取りすぎになります。

じゃあ、意味ないじゃん!と思うかもしれませんが、そうではありません。


自分でぬか漬けを漬け始めることで、食生活全体を改善するきっかけにする事ができるのです。


*****


まず、ぬか漬けを漬けるために、野菜を買うようになります。


他の料理に使って余った野菜もぬか床に漬けることが出来るので、余り野菜をどうしようと悩むことも少なくなります。


そして、ぬか漬けがあると、自然に献立は和食が多くなります。


これは、自分で作る場合だけでなく、「今日は疲れたからコンビニで何か買っていこう」という時にも、家にぬか漬けがあれば、パスタではなくおにぎりをチョイスしますよね。




このように、とりあえず「ぬか漬けを漬ける」という事を始めると、

それに合わせて野菜を買う事が増え・・・・

余り野菜も有効に使えるようになり・・・

パスタやパンよりごはんを選ぶようになり・・・

おかずも和食を選ぶようになり・・・・

と徐々に、食生活が変わっていくと思います。


また、塩分が気なる人も、自家製なら漬け時間を短くして、塩分を控えることも可能です。


ぬか床一年生は、1ヶ月~1ヶ月半の使いきりなので、気軽に始められ、飽きたら中断することもできます。


気軽にためしてみてくださいね。


http://item.rakuten.co.jp/sooi/c/0000000236/


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください