Profile
みかん酵母のぬか床一年生でぬか漬け生活

使いきりタイプのぬか床一年生。長持ちさせるコツは?

2019/04/19 11:17 趣味 くらし 家族 健康

ぬか床一年生は使いきりタイプのぬか床です。

だいたい1ヶ月くらい使えます。

だんだん味がうすくなり、旨みが感じられなくなったり、嫌なにおいがしてきたら、新しいものへの替え時です。

え!1ヶ月使って捨ててしまうなんてもったいない!と思うかもしれませんね。

でも、使いりきりでない、昔ながらのぬか床でも、ずーっと同じぬかを使っているわけでなく、新しいぬかや塩、旨みの昆布を足さなければいけません。


この調整がけっこう難しいので、古いものにぬかなどを足していくより、全部新しいものに変えてしまって、いつでも良い状態で楽しもう!というわけです。


使いきりタイプだから、ずーっと続けなくちゃいけないというプレッシャーがなく、気軽に始められるのもメリット。


また、飽きたら休んで、また思いついた時に始められます。



でも、せっかくなら、少しでも長持ちさせたいですよね。

上手に管理すれば、季節や漬ける野菜にもよりますが、1ヶ月半~2ヶ月くらい使えます。

ぬか床一年生を長持ちさせるポイントを、いくつかあげますね。


①冷蔵庫で管理する

ぬか床一年生は、必ず冷蔵庫で保存します。

冷蔵庫で保存するほうが、雑菌の繁殖が少なく、長持ちします。

通常のぬか床では、冷蔵保存だと、漬かりが遅かったり、良い風味が出にくかったりする場合もありますが、ぬか床一年生の「みかん酵母」は低温にも強いので、冷蔵保存でもしっかり風味良く漬かります。


②水分をしっかり取る

何回か使用すると、野菜から出た水分でぬか床がゆるくなってきます。

水分が多くなると、雑菌が繁殖しやすくなります。

水分をキッチンペーパーでこまめに取り除くと、ぐっと長持ちするようになりますよ。


③野菜を出し入れするたびに、袋の外からよく揉む。

やはり、ぬかは混ぜた方が良いです。

と言っても、ぬか床一年生は、わざわざ手を汚す必要はありません。

野菜を出し入れする時に、袋の外からもめばオッケー。

天然酵母の力が強いので、野菜を漬けない日は、揉むのをお休みしても大丈夫。


しばらく留守にする場合も、1週間くらいならほったらかしで大丈夫。

ただし、その場合は、パックの水分を風聞に取って、空気をぬいておきましょう。)


*****


このポイントさえ押さえれば、長持ちします。

手間はかからないので、ぜひ実践してみてください^^

水分の取り方については、後日、もう少し詳しくこのブログでご紹介しますね。


http://item.rakuten.co.jp/sooi/c/0000000236/


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください