Profile
みかん酵母のぬか床一年生でぬか漬け生活

幼児さんが、生野菜が苦手な理由。

2017/03/22 15:21 子ども 健康

「うちの子は、サラダが嫌いで・・・」

というママの声をよく聞きます。


煮た野菜なら食べられるけど、生野菜は食べてくれない。

そういうお子さん、多いのではないでしょうか?


これは、実は当たり前。


幼児さん、特に歯が生えそろう3歳くらいまでは、まだ食べる能力が未熟。


だから、食べ物の味がどうこうの前に、「食べにくいもの」は嫌う傾向にあります。

具体的には、生野菜や固いお肉など。

ひらひらした形状のもの(レタスとか、固めの薄切り肉とか)は特に食べにくいようです。

だから、「嫌い」なのではなく、「まだ食べられない」と考える方が良いのですね。



もともと、赤ちゃんは、ミルク(液体)を「吸う」ことしかできません。

それが、離乳食が始まり、練習していくことで「噛む」ことが出来るようになっていくのです。

だから、誰でも生まれつき「噛む」ことが出来るわけではないのです。


離乳食から、徐々に固いものを食べられるように練習していくうちに、だんだんと「噛む能力」をつけていくのです。


ただ、ママが「嫌いだから」と決めつけて、食べやすくて柔らかいものばかりあげていたら、練習が積めないので、いつまで経っても食べられないまま。


逆に、まだうまく噛めないうちから、いきなりすごく食べづらいものをあげても、口の中にためこんだり、丸呑みするようになってしまう可能性もあります。

噛む能力の進歩には、個人差も大きいので、焦らず少しずつ、練習を積み重ねていくことが大切です。


歯が揃って、しっかり噛めるようになれば、自然に生野菜も食べられるようになります^^


**********



このように、幼児さんが苦手な生野菜ですが、ぬか床一年生のぬか漬けなら、生野菜が食べられた!というお子さんがたくさんいます。


ぬか漬けにすることで、少し柔らかく噛みやすくなり、旨み成分もアップするので、子どもにとっても食べやすくなるようです。


ぬか漬け独特なにおいもなく、フルーティーなので、子どもにもとっても受け入れやすいのです。


特にスティック状に切ると、食べやすいのでおすすめ。



塩分を摂り過ぎないように、小さい子どもさんにはごく浅漬けにするのが良いですね。

ぜひ、挑戦してみてください^^


http://item.rakuten.co.jp/sooi/c/0000000236/




クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください